咳とアロマテラピー 大人の気管支炎(3)

ブログ 健康情報


lampoil
気管支炎や咳喘息がなかなか治らないと、心身ともに疲れてきますね。
また、いつ起こるか分からない発作にビクビクすることもあります。

そんな時の気分転換のために、アロマテラピーを取り入れてみました♪
沈みがちだった気持ちをリフレッシュすることができます。

呼吸器系の病気にいいと言われているエッセンシャルオイルをいくつかご紹介しますね(*^_^*)

arom1-2

aroma2

aroma3

aroma4

これらのエッセンシャルオイルをどう使うのか?
ちょっと難しいイメージもありますが、意外と簡単にできるんです。

shiyouhou

他にも「キャリアオイルとブレンドして胸に塗る」という方法もありますが、吸入した方が体にエッセンシャルオイルの成分が残らないため、初めは吸入をおすすめします。

ですが、気を付けたいのは発作時!!
苦しいときほどリラックスする香りが欲しくなりそうですが、それは逆効果にもなりかねません。
リラックス状態になると副交感神経が優位になるため、気管支も収縮しやすくなり症状が酷くなってしまうからです。

なので、発作が起こっていない日中などの芳香浴がおすすめです。

そして大事なことは、アロマテラピーは、病気の治療ではないということ。
あくまで辛い咳で疲れてきっているとき、不安になっているときなどの気分転換のために私は使用しています。

苦しい時は、正しく薬を使用し、病院を受診しましょう!



       TOP