リンパ節って何?

ブログ リフレクソロジー


前回、リンパが流れる時に重要なのは、リンパ節だというお話をしました。

この「リンパ節」とはどんなものなのでしょうか?

リンパ節は、全身に張り巡らされたリンパ管同士をつなぐ合流地点にあり、丸いお豆のような形状になっています。
これが800個ほどもあるというのだから驚きです!

リンパ管を流れるリンパ液には、酸素やたんぱく質などの栄養素の他に、細菌などの異物や疲労物質、白血球などが含まれています。

リンパ液によって運ばれたこれらの物質は、必ずリンパ節を通過していきます。

この時リンパ節では、リンパ液の中の異物を取り除き浄化します。
また、リンパ節には多くの白血球が含まれていて、異物に対して免疫反応を起こすとされています。

つまり、リンパ節はリンパ液の中の異物や細菌をろ過して、細菌と闘ってくれる場所なんですね

だから、このリンパ節がつまったら大変です!
リンパ管の合流地点なので、リンパ液が流れなくなるばかりか、異物も浄化されなくなってしまいますね。

この大切なリンパ節ですが、体のどのあたりに存在しているのでしょうか?

次回は主なリンパ節の場所についてお話しします。



       TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。